〒306-0433 茨城県猿島郡境町1144

​株式会社野口徳太郎商店(野口熊太郎茶園)

電話:代表/0280-87-0128

​   通信販売/0120-012-839

​   茶の場 野口茶本家/0280-33-6161

​FAX:0280-86-7700

営業時間:店/9:00~18:00(元旦のみ休)

​     茶の場 野口茶本家/10:00~17:00(水曜休)

オンラインショップバナー.jpg
9_1_ja.png
10_1_ja.png
13_1_ja.jpg

Copyright © Noguchi Tokutaro Shoten.inc ALL Rights Reserved

利根川越しの関宿城と富士山

幼いころから事業意欲のあった初代熊太郎が、明治7年、若干十一歳で製茶営業開始。
手揉み製茶を扱うようになりました。主な納品先は東京日本橋浜町の岡安商店、千葉県銚子市浜町林園、古河市大半商店など、各地へ移出し関東一円に手揉み茶を卸し、年々拡大していきます。取扱量は約3万貫(112,500kg)。

初代 熊太郎

時代は昭和になり、二代目松太郎はいち早く手揉み製茶から機械製茶へ移行。陸軍省にも毎年10万貫(375,000kg)収めていました。
そして製茶問屋業としてさらなる成功を収め、「仁徳を以て商売せよ」と息子に徳太郎と名づけました。

二代目 松太郎

第二次世界大戦後、静岡市神明町83番地日本茶業株式会社を基点として貿易が盛んになり、海外へお茶を輸出するようになりました。
昭和24年頃から昭和30年頃まで年間100万kg位取り扱い、商売をさらに盛んにと、息子に盛太郎と名づけました。

​三代目 徳太郎

昭和30年以降、四代目盛太郎は国内販売に力を入れて、関東はもちろんの事静岡産地他、関西、山陰、九州にも出荷し、ピーク時には20万kgを取り扱いました。そして継続してお茶を取り扱い続け、21世紀に入り環境問題や健康ブームが起こる中、お茶自体をまるごと摂取するという「飲むことから食べること」へ注目。
2001年10月に茶の種子緑茶を販売開始し、その後、2002年9月に茶の種子玄米茶発売2004年10月に茶の種子ほうじ茶が発売され、累計集荷数10万本を達成します。

​四代目 盛太郎

今活躍しているのは、五代目の富太郎。新たなお茶文化の価値を見出すべく、バイタリティ溢れる発想で、伝統を重んじる茶業界に一石を投じ続けます!1969年1月12日生まれ。大学卒業後、静岡で製茶加工の修行、東京高円寺では販売のノウハウを学び、茶業界にデビュー。ここ十年は種子茶の研究開発に没頭し、脚光を浴び始めています。

●全国茶商工業協同組合連合会認定 茶専門経営士 茶匠

●台湾烏龍茶インストラクター

五代目 富太郎

歴代当主

沿革

​  明治7年 1874年  野口熊太郎が境町主計山(かずやま)現、新吉町にて開業

​明治15年 1882年  地蓮時(れんじ)現、山神町に移転

​明治40年 1907年  前の倉建設

​大正12年 1923年​​  新倉庫建設

​  昭和7年 1932年  手揉み茶全盛時代、二代目松太郎が事業を継承

​昭和10年 1935年  機械製茶再生工場完成

​昭和19年 1944年  三代目徳太郎が事業を継承

​昭和23年 1948年 ​ 大倉倉庫完成

           国内への販売拡大と同時にアフリカへ輸出

​昭和28年 1953年  有限会社野口徳太郎商店設立

​昭和40年 1965年  鉄筋作り車庫兼倉庫完成

​昭和45年 1970年  ​第一冷蔵庫完成

​昭和50年 1975年  ​仏事返礼品の取り扱い開始

​昭和60年 1985年  四代目盛太郎が事業を継承

​  平成7年 1995年  第二冷蔵庫完成

​           本格粉末茶「お茶の素」発売

​平成13年 2001年  お茶の種子含有粉末茶「茶の種子緑茶」発売

平成14年 2002年  お茶の種子含有粉末茶「茶の種子玄米茶」発売

​平成15年 2003年  お茶の種子含有粉末茶「茶の種子ほうじ茶」発売

​平成19年 2007年  経済産業省事業認定「猿島茶の茶葉と種子を利用した機能性食品等の原材料の開発」

​平成21年 2009年  五代目富太郎が事業を継承すると同時に社名を「株式会社野口徳太郎商店」に変更

​平成24年 2012年  ​本格日本茶カフェ(現 茶の場 野口茶本家)をオープン

​平成25年 2013年  ​特許取得 第5307622号「粉末茶及びその製造方法」

会社概要

代表者

代表取締役 野口富太郎

創業

明治7年(1874年)

資本金

300万円

本社・店舗

〒306-0433 茨城県猿島郡境町1144

​TEL:0280-87-0128 FAX:0280-86-7700​ MAIL:info@greentea.co.jp

​営業時間/9:00~18:00(元旦のみ休)

茶の場 野口茶本家

〒306-0433 茨城県猿島郡境町1144

​TEL:0280-33-6161

​営業時間/10:00~17:00(水曜定休)

事業内容

日本茶・粉末茶の製造及び販売、日本茶カフェ運営

仁徳をもって正道を行く

経営理念

仁とは思いやり感謝の気持ち。徳とは良い行ない、社会貢献をすること。

思いやりの気持ちを持って良い行いをし、より徳を磨くことで人も企業も正しい道を切り開くことができる。

経営目的

お茶を通じて全人類の健康のお手伝いをさせていただくこと

商号

株式会社野口徳太郎商店(屋号やまの)

アクセス

​お車でお越しの場合

圏央道「境古河IC」から約5分、常磐自動車道「土浦北IC」から約60分または「谷和原IC」から約30分。

電車でお越しの場合

東武伊勢崎線、東武日光線「東武動物公園駅」下車、朝日バス「境車庫行」で「役場入口」下車、徒歩約5分。